台湾・彰化暮らし 2017

2016年6月にルーマニア・シビウ(岐阜県高山市の姉妹都市)で開催される国際演劇祭ボランティアと、8月に開催されるリオデジャネイロオリンピックでのボランティア記録として始めたブログですが、2017年4月より台湾で暮らし始めましたので、旅のような流れに流れた私の摩訶不思議な生活記録にしようと思います。

リオデジャネイロ・オリンピックボランティア①

帰って来てから、あっという間に2ヶ月ほどたってしまいました。

 

ボンジーア!(ポルトガル語でこんにちは!)

 

ではじまる一日が懐かしいです。

 

オリンピックのボランティアというのは、

基本的に開催される年から数えて、2年前

に募集がはじまります。

 

したがって、2018年開催の

ピョンチャン冬季オリンピックのボランティア受付は

2016年9月30日に終了しました。

(私はもちろん登録しました)

 

となると、東京は2018年の8月かそのあたり、ということになるでしょう。

 

私は、直前で実は正規ルートがだめになって、

別ルートで参加させてもらったのですがね。

 

現地では、大学生ボランティア(日本から・留学生)のほか、

社会人の方、現地駐在の方、日系2世・3世

などなど様々なボランティアに出会いました。

日本人参加者のみにしぼってみると、

大学生が多かったかなという印象でしたが、

フリーランスの方や休暇をとってきた人などもちらほらいらっしゃり、

心強く感じていました。また日系の方々の存在のおかげで、

日本人として、好感触で受け入れていただいたという印象もあります。

(あくまで個人的な感想です)

 

物騒な国だと聞いていたので、

カメラを持って行かなかったことが悔やまれます。

 

持ってきとけばよかったな~と感じたモノ

 

・コンパクトデジタルカメラ

・応援グッズ(鉢巻・旗など)

 

は必須ですね!