台湾・彰化暮らし 2017

2016年6月にルーマニア・シビウ(岐阜県高山市の姉妹都市)で開催される国際演劇祭ボランティアと、8月に開催されるリオデジャネイロオリンピックでのボランティア記録として始めたブログですが、2017年4月より台湾で暮らし始めましたので、旅のような流れに流れた私の摩訶不思議な生活記録にしようと思います。

[2017/5/3]八掛山と禾家牧場

ボスが昨日、珈琲のみにいかない?と誘ってくれました。

車で10分ほど。

八掛山の珈琲。

 

なんとここのオーナーは実に3000ヘクタールほどの敷地を所有しており、

そこのコーヒー農園で豆を栽培しています。育てるところから、提供するまで

すべて自分でやっているそう!

山の上にあるカフェからは、台中の街の様子や台中空港へ向かう飛行機、

そして、鷹が飛んでいる様子も見られます。となりではスーツ姿の台湾人男性たち6人ほどが、珈琲を囲んで、商談?をしておりました。

途中からは年配のラブラブ夫婦が隣に。平日なのに贅沢です。

 

f:id:mmaarriiaa:20170504143454j:plain

 

f:id:mmaarriiaa:20170504143507j:plain

 

カフェラテをたのんだら、普通の珈琲とホットミルクが出てきました。

となりのカップケーキは彰化名物。

他の店はぱさぱさしているそうなのですが、こちらはしっとり。

いちばん美味しいと教えてもらいました。

 

f:id:mmaarriiaa:20170504143604j:plain

 

f:id:mmaarriiaa:20170507223818j:plain

もちこみOKなのですね。さすがゆるい台湾。

紙袋のデザインもおしゃれです。

 

そして、近くの牧場へ。

ソフトクリームがとても美味でした。

 

f:id:mmaarriiaa:20170504143642j:plain

 

f:id:mmaarriiaa:20170504143700j:plain

 

f:id:mmaarriiaa:20170504143710j:plain

 

f:id:mmaarriiaa:20170504143718j:plain

 

人なつこい子牛たちでした。

公共交通機関ではちょっと行きづらい、というか行けないのが残念。

自転車組はけっこういましたが。マウンテンバイク人口がわりと高いのかな。

よく見かけます。