台湾・彰化暮らし 2017

2016年6月にルーマニア・シビウ(岐阜県高山市の姉妹都市)で開催される国際演劇祭ボランティアと、8月に開催されるリオデジャネイロオリンピックでのボランティア記録として始めたブログですが、2017年4月より台湾で暮らし始めましたので、旅のような流れに流れた私の摩訶不思議な生活記録にしようと思います。

[彰化名物]爌肉飯

f:id:mmaarriiaa:20170507222659j:plain

 

爌肉飯  (コウローファン)は彰化名物だそうです。

どーんとのっかったお肉。ジューシーなたれ。

はやくも大ファンになりました。しかも店によって味が違うので、

これからいろいろと食べ比べてみたいです。

 

さて、本日訪れたのは「夜市爌肉飯  」というお店。

f:id:mmaarriiaa:20170507223211j:plain

とってもにぎわっており、30分待ちました…。

17時半でしたが、夕飯の遅い台湾人も、この時間帯にくるんですねえ。

 

わいわいと話しながら手早くつくっていく夫婦の

腕さばきに見ほれているうちに、あっという間に時間がたちました。

番号札で呼ばれる仕組み。

f:id:mmaarriiaa:20170507222844j:plain

わたしは31ばんでした 。裏に番号が。

慣れてきたとはいえ、番号を聞き漏らさないか不安に。

わたしは来て早々に、近くにいた女性に「どうやって頼むの?」と聞いたら、

教えてくれたので、番号を言われたときも「呼ばれたよ!」と教えてくれました。

ありがたい。

中で食べます、「内用」(ネイヨン)といい、中へ。

※ちなみに、テイクアウトは「外帶(ワイタイ)」

家族連れも多い。

私は爌肉飯  45元と総合湯(肉団子が3種類はいったスープ)20元を注文。

f:id:mmaarriiaa:20170507223152j:plain

f:id:mmaarriiaa:20170507222645j:plain

肉団子もそれぞれかなり美味しかったです。

相席になったとなりのおじさんも同じ物を食べていました。

ここでは、後払い制でした。

いつも、人のやり方を観察してまねています。

あー美味しかった。

 

ごちそうさまでした!