読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

台湾・彰化暮らし 2017

2016年6月にルーマニア・シビウ(岐阜県高山市の姉妹都市)で開催される国際演劇祭ボランティアと、8月に開催されるリオデジャネイロオリンピックでのボランティア記録として始めたブログですが、2017年4月より台湾で暮らし始めましたので、旅のような流れに流れた私の摩訶不思議な生活記録にしようと思います。

〈自由花〉2017賴和音楽節 2017.5.7.~7.15

 

彰化生まれの詩人 Lao Ho (賴和) の名前を冠した音楽祭が開かれています。

街のあちこちで様々な催しが行われているようですが、

わたしは残念ながら、中文がほぼわからないので詳細がわかりません。

そして、彼についても・・・・

Wikipediaには残念ながら、中文、Englsih, Deutsch の解説しかありません。

Loa Ho - Wikipedia

近くに記念館があるので、今度行ってみようと思います。

また、カレンダーを何となくみてみると八掛山(はっけさん)の健康マラソンや

広場でのマーケット(5/27)、文学談話などがあるようです。

そして、街のいくつかの協賛カフェでは、

彼の顔が描かれたラテアート、ティラミスがいただけます♪

 

WIkipediaによると、

彼の功績は大きく3つにわけられます。

1 医者として日本統治時代の日本人経営の病院につとめ、中国にわたったのち、

  台湾に戻ってきて、自分のクリニックを開設。そこに、読書室をもうけたこと。

2 1920〜1930年代にかけて、短編小説を多く書いたこと。

3 台湾文学を確立しようとした。しかし、この実験的試みはうまくはいかなかった。

 

読み違えているところがあれば、ご指摘おねがいたします。

なにせ、日本語文献がまったくみあたらなかったので・・・

 

いずれにせよ、彼が台湾文学のひとつのかたちをつくったと言えそうです。

それにしても、昔の医師の多くが、文学や詩といった思想的方面にも深い理解と知識、

そして、新しい挑戦をしている人が多いように思います。