台湾・彰化暮らし 2017

2016年6月にルーマニア・シビウ(岐阜県高山市の姉妹都市)で開催される国際演劇祭ボランティアと、8月に開催されるリオデジャネイロオリンピックでのボランティア記録として始めたブログですが、2017年4月より台湾で暮らし始めましたので、旅のような流れに流れた私の摩訶不思議な生活記録にしようと思います。

台南3

f:id:mmaarriiaa:20170601013907j:plain

久しぶりの雨にぬれたみずみずしい木と

やたら背の高い寺の装飾をもっと眺めていたかったのですが、

こういうところは蚊が多いので、諦めて次へ。

 

いわゆる観光スポットの「Chihkan Tower (赤崁楼)」へ。

 

以下Wikipediaより引用

赤崁楼(せきかんろう)は別名を赤嵌楼紅毛楼 とも称し、台湾台南市中西区に位置する、オランダ人によって築城された旧跡である。原名は「プロヴィンティア」(Provintia、普羅民遮城)と称し、1653年にオランダ人と漢人の衝突事件である郭懐一事件(1652年)の後に築城された。鄭成功が台湾を占拠すると、プロヴィンティアは東都承天府と改められ、台湾全島の最高行政機関となった。現在は文化部により国定古跡に指定されている。』

(引用終わり)

続きはWikipedia

赤カン楼 - Wikipedia

 

f:id:mmaarriiaa:20170601014437j:plain

f:id:mmaarriiaa:20170601014519j:plain

遠目から見ると、竹なのに、石で出来ている。

装飾模様がとても素敵だった。壁も天井も、地面の模様でさえも。

f:id:mmaarriiaa:20170601145809j:plain

2階の寺で、半月状の2つの木片をお祈り後に地面になげて、みんな

何やら占っていた。こちらのお祈りの作法を知らないので、

そして、この2つの木片がどうなると、いいのか?どういう判断をしているのだろう。

お祈りをしたあとは、こちらの棒?を持っていっていました。

 

f:id:mmaarriiaa:20170601014623j:plain

さてさて、ここを後にしてお昼を食べに。

近くにチェックしておいた店があったので、そこへ。

つづく。

広告を非表示にする