台湾・彰化暮らし 2017

2016年6月にルーマニア・シビウ(岐阜県高山市の姉妹都市)で開催される国際演劇祭ボランティアと、8月に開催されるリオデジャネイロオリンピックでのボランティア記録として始めたブログですが、2017年4月より台湾で暮らし始めましたので、旅のような流れに流れた私の摩訶不思議な生活記録にしようと思います。

弁当の魅力に気づき始めた。

台湾は弁当天国!

正確には「ビェンタン」みたいな撥音です。字も違います。

いや〜ランチどきなんて、けっこう具が入って、60元(約210円くらい?)

これはとてもお安い。バランスよく食材をとるなら、迷わず弁当です。

たまに味付けが濃いときもありますが、

前回なんて、お魚どーん+お弁当で80元でした。

写真は撮り忘れ。

例えばこの弁当・・・

 

f:id:mmaarriiaa:20170623082211j:plain

 

 おかずは3種類を指さしで選びました。

ご飯の上にどーんとのっかっているのが、「コーローファン」(爌肉飯)

のコーロー。豚のトロトロさがたまりません。

店で食べると、だいたい50元位です。

だからおかずつきで、60元は安いでしょう?

なるべく野菜を選びました。

右から、瓜、ニラ、昆布のようなものです。

f:id:mmaarriiaa:20170623082420j:plain

 肉部分をアップするとこんな感じ。中心はかたいのだけど、周りの脂肪はトロトロです。食べ過ぎると太りそうだけど・・・・。

これは「彰化」名物だそうです。

あちこちで食べ比べ中です。

 

中国語がわからなくても、だいたい指差しで買えるし、

なんとかなる!ものです。

 

 

 

広告を非表示にする