台湾・彰化暮らし 2017

2016年6月にルーマニア・シビウ(岐阜県高山市の姉妹都市)で開催される国際演劇祭ボランティアと、8月に開催されるリオデジャネイロオリンピックでのボランティア記録として始めたブログですが、2017年4月より台湾で暮らし始めましたので、旅のような流れに流れた私の摩訶不思議な生活記録にしようと思います。

「大腸麺線」に夢中

「大腸麺線」って聞いたことがありますか?

台湾といえば小籠包?

チッチッチッ、違います!庶民のお財布にも優しく、

お腹にたまる食事。それが「大腸麺線」

麺の発音は「ミェン」に近い感じになりますが、

イチョウミェンセン。とカタカナ発音しても

まあ通じます。

だいたい50元ほどです。

 

上に葉っぱがのっているのが特徴で、

パクチーであることも多いので、パクチー好きには嬉しい。

 

ずっと近所の2店舗(どちらもにたような味)でばかり買っていたのですが、

ここ最近3軒ほど、新しい店を開拓しました。

 

1:小さな牡蠣が入っている大腸麺線!

  彰化県は、牡蠣が名物なので、「牡蠣麺」という食べ物も有名ですが、

  今日、初めて、牡蠣と大腸麺線のコラボを発見。

  お値段は「小的(シャオダ)」で45元と、高いかな?と思ったものの、

  他にも具沢山で、パクチーも入っているし、結果お買い得でした。

  店舗情報:古早味 吳記大腸蚵仔麵線 彰基店

  南校街通り沿い。

  大きなキリスト教病院の裏にあるので、わかりやすいかと思います。

 

2 もう一軒は、夫婦経営の小さな店。

  上の立派な看板のある店とは違い、本当にこじんまり。

  営業時間を見たら、なんと午後3時から6時まで。

  エーーーーーー!?3時間だけ?

  でも人が並んでいたので、美味しいはずだと買って見ました。

  字面から見ると、こちらは「海産物」と大腸麺線のコラボ!

  最初なので、合麺線にしてみました。

  「綜合」とついているものは、大抵、いろいろ具材が入っています。

  そしたら、ビンゴ!イカのゲソや肉、細々した具が入っていましたよ、

  これで45元。実際量は多め。

  ここのおじちゃん、日本語が少しわかり、生姜を入れるか?

  汁は入れるか?と聞いてくれたので、うれしかったです。

  普段はよくわからないままに、うなずいたり、首をふっていますから。

  最近は、店の看板メニューを写真にとったり、メモして、

  それを見せながら「一個」とだけ言って、注文しています。

  店舗情報:「禾家鄉(魷魚赤肉羹、四物湯)

  No. 89, Minquan Road, Changhua City, Changhua County, 500

 

f:id:mmaarriiaa:20170803032915j:plain

こちらがメニュー。「綜合」が目立って書かれていることも多い。

 

  

いや本当、

 

  3時から6時までですよ!

 

だから今まで、この店の存在に気づかなかったのかも・・・・。

 

いろいろと店によって違うものの、やはり見た目は、茶色の液体・・・。

参考までに、先日の記事と同じ写真を載せておきます。

 

f:id:mmaarriiaa:20170725001802j:plain

 

*今日学んだ台湾語

 

自転車などを数える数助詞「台」

「5台」は日本語と同じく台湾語でも「ごだい」だそう。

ちなみに「4台」は「しだい」。ここは違うんですね。

日本語では「よんだい」ですからね。