台湾・彰化暮らし 2017

2016年6月にルーマニア・シビウ(岐阜県高山市の姉妹都市)で開催される国際演劇祭ボランティアと、8月に開催されるリオデジャネイロオリンピックでのボランティア記録として始めたブログですが、2017年4月より台湾で暮らし始めましたので、旅のような流れに流れた私の摩訶不思議な生活記録にしようと思います。

前回の山登りの帰りに雲南料理を食べた話。

南投へ山登りに行ってから、だいぶたってしまいました。

登山後に食べた雲南料理のことについて、今更ながら書こうと思います。

 

正式な名前は「清境魯媽媽雲南擺夷料理」というみたい。読み方は不明。

www.lumama.tw

中国の雲南省の料理です。

ウェイターさんは女性が多かったのですが、

雲南省伝統模様のバンダナとエプロンをしていました。

刺繍がとても可愛く、雰囲気としては、スイスやオーストリアチロル地方

山岳地帯の模様みたいな感じ。

 

南投に向かし雲南から移り住んだ人たちが割とおり、

それに伴って、レストランができたようです。

 

f:id:mmaarriiaa:20170813182019j:plain

 

外観はなんだか洋館のようです。

テラス席はあるにはあったのですが、主に、順番待ちの人のための席として

使われているようです。食べるのは店内のみでした。

とてもいいビュー(山に囲まれている)ので、外の席もあったら、

もっと人気が出そう。

 

こちらがメニュー

f:id:mmaarriiaa:20170813182144j:plain

 

f:id:mmaarriiaa:20170813182200j:plain

 

f:id:mmaarriiaa:20170813182220j:plain

 

もはや、時間がたちすぎて、料理名と料理が一致しません。

何を頼んだかな・・・笑

暇な方はメニューをじっくり読んでいただければわかるかと思います。

すみません!これらを4人でシェアしました。

ほぼ全部完食!みんなお腹いっぱいになりすぎて、最後はどうぞ、どうぞ、

と譲り合う始末・・・。でも本当に、どれも美味しかったです。

辛すぎず、日本人の口にも合うかと思います。

 

そうそう、ここで知ったのは、台湾人はお皿を使わないということ!

白ご飯の上に、なんでもおかずをのせて、一緒に食べます。

お皿を手にしたら、「あ〜日本人だねえ!」と言われて、「え!なんで?」

と質問して判明した事実、それを聞いて、早速、白ご飯に乗せて食べる

台湾人の食べ方を実践しました。なるべくそうしよーっと。

f:id:mmaarriiaa:20170813182242j:plain

f:id:mmaarriiaa:20170813182706j:plain

f:id:mmaarriiaa:20170813182719j:plain

f:id:mmaarriiaa:20170813182732j:plain

f:id:mmaarriiaa:20170813182743j:plain

以上です。

また行きたいなあ〜

そうそう、空気の悪さなんですが、台北の方がよっぽどいいです。

住宅地と食べる場所と、ビジネス街が結構くっきり分かれているので、

特に週末なんかに住宅街を歩くと、とても静かで都会とは思えぬ感じ。

とりわけ、松山空港近くのエリアは

最近、台湾人に人気とあって、緑も豊かでかなりおすすめです。

リピートしたい!

最後に山の写真を もう一度。ね!綺麗でしょう?

f:id:mmaarriiaa:20170813182950j:plain