台湾・彰化暮らし 2017

2016年6月:ルーマニア・シビウ(岐阜県高山市の姉妹都市)国際演劇祭ボランティア & 8月に開催されたブラジル・リオデジャネイロオリンピックでのボランティア記録として始めたブログ。2017年4月〜台湾。生活記録です。

休暇を終えて

f:id:mmaarriiaa:20180102143351j:plain

 

12月16日から24日まで休暇をいただいて、

チェコの首都・プラハを訪れました。また日本にもちょっとだけ帰りました。

色々とありすぎて、全てを記録したいのに、それを書く時間があまりないのが

悲しいところ。

今週末は、台湾も12月30日から1月1日まで「3連休」なので、

それを利用して、まとめたいところです。

 

台湾の新北市のクリスマス・プロジェクションマッピングが有名だそうです。

また、新年は台北101で花火があるらしいです。

直接、見に行く人もいれば、インターネット配信もあるので、

自宅で見るという人も。

私は予定がないのですが、できれば、行く年来る年を誰かと見たいものです。

紅白歌合戦もね!

 

今回、日本で東京駅近くのOAZO(オアゾ)内の丸善に行く機会があったのですが、

なかなか書籍は充実していましたよ。リニューアルした東京駅前広場と

イルミネーションと合わせて行って見るのもいいかもしれません。

 

台湾関連本もかなり充実していました。

台南や宜蘭関連の本がありましたが、彰化はないですね〜。

台中も少なめ。

台湾のおいしいものは大抵、台中の夜市から出ており、

そこで成功すれば、台湾全土での成功間違いなし!と言われているほど、

飲食においては起業家の登竜門みたいなものなので、

もっと注目されてもいいと思うのですが。

先日紹介した「可不可」というミルクティー店も台北にはまだないですしね。

 

hidatakayama-maria.hatenadiary.jp

 

さて、本屋の話に戻ります。

今回の目的は、続々発売されていた、フィギュアスケート関連本なのですが、

気になっていた太田由希奈さんとそのコーチである樋口豊先生の本があり、

難しいですが、とても詳しく技の解説があるので、それを見てきました。

羽生結弦さんが多かったのですが、中には大学スケートの本という

古めかしいものもあり、丸善、侮れないな!と思いました。

英語で読む羽生結弦もついつい購入してしまいました。

一通り読んだので、日本においてきましたが、またじっくり読みたいです。

CDも付いていて、英語で羽生さんの半生を辿れるようになっています。

 

英語で読む羽生結弦 (IBC対訳ライブラリー)

英語で読む羽生結弦 (IBC対訳ライブラリー)

 

 知らないエピソードもあり、勉強になりました。

コラムで英語表現についての解説もあります。

 

 それから、もう1冊購入したのはこれ。

迷ったのですが・・・・「待ってろよ、平昌」!に惹かれました。

ソチから今までの時系列でおってくれているので、

最近、ファンになった人でも一通りの流れを掴めるのではないでしょうか。

また、

 

 こちらは、特大ポスター付きでした!

内容がイマイチでもいいポスターつけてきたりするので、迷いますねえ。

1冊1000円以上はするので、簡単に全部は買えないですし。

以下の4冊は立ち読みに留めました。

確か、フィギュアスケーターズだったかな?

色々見すぎてうろ覚えで申し訳ないのですが、

ステファンランビエールさんと宮本賢二さんの対談が載っていて、

それは読み応えがありました。

ステファンさんは、もちろんオリンピアンでメダリストなので、

選手としても成功されているのですが、

今はコーチとしてラトビアのデニス選手や日本ジュニアの高田高志郎選手を

指導されています。32歳になって、渋みが出てきていて、私は

最近ファンになりました。

もともと踊るのが大好きで、ダンサーとしてもやっていけそうなかた。

バレエやダンスが好きな人には

ステファンランビエールさんやジョニーウィアー(USAのプロスケーター)が

オススメです!

ステファンさんはスイス出身で、いつか彼とあったらドイツ語で

会話してみたいという夢があります。

もし自分が10代でスケートをやっていたら、迷わずサマースクールに

参加します。

 

 

 

 

 

 

 

フィギュアスケートLife Vol.12 (扶桑社ムック)

フィギュアスケートLife Vol.12 (扶桑社ムック)

 

 こちらは最近でた本。

本人の言葉も良いのですが、客観的な視点も大事です。

 

 中野友加里さんの本もあったり、

浅田真央さんが最近出した、「私のスケート人生」もあり、

ナンバーもあり、本当にフィギュアスケート関連本はかなりの充実ぶり。

 

浅田真央 私のスケート人生

浅田真央 私のスケート人生

 

 

 

 

さらには、お会計した時に対応してくださった、お兄さんが、

元スケーターで、「羽生くん、早く良くなって欲しいですね〜」と

声をかけていただいたことから始まり、

彼も後楽園のリンクで幼い頃から練習していて、

ジャンプの練習に苦労した話などを短い時間でしたが教えてくれました。

「怪我だけは気をつけてくださいね!」と

大人スケーターの私に声をかけてくださり、心温まりました。

本当に、足首を痛めやすいのですが、それは癖になるので、

私も気を引き締めて頑張ります!

 

休暇を終えて・・・と、ちょっと書くつもりが、

思いがけず、フィギュアスケート関連本紹介記事になってしまいました。

すみません。日本在住の方、今シーズンは、オリンピックもあり、

かなりスケートが充実していますよ!是非是非、書店へ足を運んでみてください。

それから、村上大介選手のインスタで、彼が「赤坂サカスのスケートリンク」に

プライベートで滑りに行っていたのを発見!

彼は全日本強化指定選手で、流れるような素敵なスケートをします。

「ダイス」と呼ばれて親しまれており、Youtubeで自作ビデヲもあげています。

USA育ちなので、日本語は時折おかしい部分もありますが、

陽気な雰囲気でファンも多いです。

 

Youtube

www.youtube.com

 

Twitter 

twitter.com

f:id:mmaarriiaa:20171227100311p:plain

インスタグラム

www.instagram.com

公式ホームぺージ。

普通にファンレターも送れるようですね。知らなかった。

多忙だと思うので、返事がいただけるかはわかりませんが・・・・。

daisuke-murakami.spo-sta.com

 

このまま書いていると、ダイス紹介ページになってしまいそうなので笑

この辺で!ではまた!