台湾・彰化暮らし 2017

2016年6月:ルーマニア・シビウ(岐阜県高山市の姉妹都市)国際演劇祭ボランティア & 8月に開催されたブラジル・リオデジャネイロオリンピックでのボランティア記録として始めたブログ。2017年4月〜台湾。生活記録です。

日式担々麺「鹿鳴屋(ROKUMEI)」レポート

f:id:mmaarriiaa:20180107224805j:plain

本当につい最近、オープンしたばかりの、

日式担々麺「鹿鳴屋」

で、一番の定番メニューらしき、「日式担々麺」を食べてきました!

 

ここは、年末にプレオープンして、年始にオープンしたばかりなので、

本当に出来立てほやほやです。

今日食べた、「日式担々麺」が145元。

そこに卵やチャーシューなどを追加すると、165元になるようです。

一番安いつけ麺が135元だったので、台湾の他のお店に比べると

ちょっとお高めかもしれません。

しかし、若者や外国人旅行者でも入りやすい雰囲気であることに加え、

味も洗練されていたので、台北だったら、平気で200元を越えると思います。

 

最後に、レシートをもらおうと、声をかけたことで、

 

・オーナー夫婦は大の日本好きなこと(旦那さんはちょっと日本語がわかる)

・オーナー夫婦は英語OK

・スタッフは、一人英語OKでしたが、いつもいるとは限らず。

・「担々麺」は中国語で「タンタンミェン」、ほぼ日本語と同じである。

・お隣のSOCOSOカフェと同じオーナー!

 

ということがわかりました。

これで納得。

 

「なぜ17時からなのか????」

と疑問だったのです。

 

おそらく、お隣のSOCOSOは17時までなので、それが終わってから、

こちらに来るということなのでしょう。

しかし、オーナーご夫婦はみた感じ、30代前半と、

とてもお若いのに、自分たちのビジネスを広げていらっしゃるので、感心です。

 

***************************************

1 店内の様子

2 日式担々麺のお味

3 客層

****************************************

について書いていきます。

 

 

1 店内の様子

 

f:id:mmaarriiaa:20180107225030j:plain

まず、木をベースにした店内。

壁は白く、天井も高めなので、開放感があります。

カフェっぽい見た目なのは、すでにカフェを経営されているご夫婦ならでは

でしょう。壁に写真が貼ってありました。

 

f:id:mmaarriiaa:20180107224417j:plain

改修中の様子。

どうやら、セルフリノベーションで作り上げた空間のようです!

すごい。

食器を返すついでに、写真も眺めてみてはどうでしょうか。

 

個人的には、テーブルや椅子が全て木製であることが、気に入りました。

台湾は金属製もしくは

安っぽいプラスチックの調度品の店が多いので、

あまり気が休まらないのです。

 

コンセントも入り口入って右側の家族席付近になぜか6つもありました。

他は階段のところにしか見当たらなかったので、充電したい人は

カウンター側のこの席に座ると良いのでは?

階段側はどう考えても充電しづらいですしね。

 

f:id:mmaarriiaa:20180107225001j:plain

残念ながら、Wi-Fi はありません。

しかし、お隣のSOCOSOカフェに繋げたことがあるので、

お隣のカフェのWI-Fiが繋がってしまいました(笑)

つまり、

Wi-Fiはないが、隣のカフェに行ったことがあれば

つながる。

ということです。ラッキーでした。

 

私は8番テーブルに座ったのですが、

道路に面した側は、全面ガラス張り。それがより開放的にさせているのかも。

一番奥には、葛飾北斎の「富獄三十六景」より「神奈川沖浪裏」のレプリカが

飾ってありました。日本のものを飾るのは良いのだけれど、

真ん中の飾り棚に、羽子板、お守り、富士山グラス、日本酒の瓶

同じく「神奈川沖浪裏」の図柄の皿・・・・・などなど

を飾るのはちょっと雑多な気がしてならない。

富士山が裏テーマなのかしら・・・? 

 

 

2 日式担々麺のお味

 

f:id:mmaarriiaa:20180107224851j:plain

これは文句なしに美味しかったです。

私の好み。日本で食べたことがある担々麺は、

辛いという印象しかないのですが(でも、そういう辛さが好き。)

とてもマイルドでした。

トッピングが葉、温泉卵半分にお肉。

このお肉は少しピリ辛でアクセントになっていました。

スープに卵の黄身がかかっています。

f:id:mmaarriiaa:20180107224921j:plain

 

量的には、少なめなので、女性にちょうどいい感じ。

大柄の男性では足りないかもしれません。

私はそこまで、お腹が空いていなかったので、ちょうどよかった

のですが、空腹だったらちょっと足りないかな?

スープもあっさり目なので、全部飲み干せるほど美味しかったです!

 

他のメニューも試してみたいところ。

 

3 客層

 

私は8時ごろに行って、出てきたのが10~15分後くらい。

それから、8時半くらいまでいましたが、

まわりの客層は、

・カップルが2組。

・娘と母親が2組。

(うち1組は、小さな娘が日本語のアニメをずっとみながら食べていて

マナーが気になる私は、気になってしまった。もう1組は大学生くらいの娘さん)

・大学生らしき?5人組。(ミーティング中でちょっとうるさかった)

 

1人は私だけ。でも1人でも入りやすかったです。

BGMはほとんどなくて、ミーティング組がいなかったら、もっと

静かだったろうな、と思います。

 

以上、レポートでした!

最後にオーナーから、2つ質問を投げかけられました。

⑴ 担々麺は日本語でなんていうの?

  答え:「たんたんめん」ですよ。中国語とほぼ同じ。」

      (っていうか、担々麺ってもともと、中国のどこかの料理では?)

⑵ 味はどうだった?日本のリアルな味だった?

  答え:「私はあまり担々麺を食べたことがないから、その答えはできないん

      だけど・・・・でも、あなた方の担々麺はとても美味しかったです!」

と英語で答えました。

ちなみに、私は最初この店の名前を「鹿嶋屋」(かしまや)と勘違い

していたのですが、正しくは「鹿鳴屋」(ROKUMEI)でした。

 

 

IMPRESSION:

 

Adress:  彰化市華山路11號
☎️ 04-7228861

Facebook ページ:しかないみたい。

メニューがみられます。

https://www.facebook.com/rokumeiya/

 

 

<おまけ>

レシート(台湾のレシートは、店に定められた番号を印字したスタンプ

押す義務があるのですが、まだないから、隣のカフェのでいい?と聞かれて

OKシマシタ。(理由は不正防止だったかな。)その昔、レシートを発行せずに

脱税する店が多かったから、台湾政府が「撥票」という宝くじレシートを作った

という話があります。)

f:id:mmaarriiaa:20180107224454j:plain

 わたしの店内メモ

修正液がないから汚い。

f:id:mmaarriiaa:20180107224716j:plain


追記 2018/2/10

f:id:mmaarriiaa:20180211020322j:plain

f:id:mmaarriiaa:20180211020358j:plain

f:id:mmaarriiaa:20180211020423j:plain