台湾・彰化暮らし 2017

2016年6月:ルーマニア・シビウ(岐阜県高山市の姉妹都市)国際演劇祭ボランティア & 8月に開催されたブラジル・リオデジャネイロオリンピックでのボランティア記録として始めたブログ。2017年4月〜台湾。生活記録です。

新海誠展(台北)を観てきました。

f:id:mmaarriiaa:20180115135302j:plain

f:id:mmaarriiaa:20180115135419j:plain

場所は「華山1914(Huasan Creative Park 1914)です。

様々なクリエイティブ・ショップや映画館、カフェやレストランなどもあり、

半日くらいここにいても楽しめる場所です。

新海誠展」は右側の道を行って、左手に入り口がありました。

チケットは、当日も変えますが、セブンイレブンのibonなどで事前に買うことが

できます。わたしは前売りを買ったので、大人1枚250元でした。

 

【期間】2017年12月22日~2018年3月18日
【場所】華山1914文創園区
【開館時間】10:00~18:00(入場・チケット販売は閉場30分前まで)

 

Facebook特設ページ
https://www.facebook.com/pg/shinkaimakototen/posts/?ref=page_internal

 

大きな荷物は持って入れないため、わたしはスーツケースを

入り口のカーテン裏に預かってもらいました。

チケットモギリのお姉さんは、カタコトですが、日本語がわかり、

日本語対応していただきました。

「わたしはここにずっといるので、大丈夫です!」

と言ってくださったので、それじゃあと預けました。ロッカーは近くにありません。

 

入り口から左手にショップが見えました。

全部、中国語のグッズでしたが、一つだけ、日本と同じ、

巡回展の図録は日本のものが販売されていました。

1000元(約4000円)もしたので、

日本の定価2500円よりだいぶ高いです。

f:id:mmaarriiaa:20180115135842j:plain

出典:

shinkaimakoto-ten.com

画像は、新国立美術館HPよりお借りしました。全く同じものです。

f:id:mmaarriiaa:20180115135958j:plain

わたしは立ち読みしました。

 

 Amazonでも売っていますね。

ちなみに小説は全て中国語バージョンのものが販売されていました。

台湾版Tokyo Walkerの新海誠特集なんかもありました。

 

 

館内は、なんと、写真撮影は全部OKで、

絵コンテから何まで・・・・・

多分日本ではダメなんだろうなあと思いつつ。

映像はさすがにダメでしたが、台湾人でもなくどこか東南アジアの若者たちは

おそらく「禁止撮影」の表示の意味がわからないのか、

バンバン、スマホで動画撮影していて・・・・注意すべきか迷っているうちに

先へ行ってしまいました。係員もいないし、

台湾よ・・・・こんなにゆるくて大丈夫?と思ってしまいました。

 

*********************************************************************

<わたしが感じたことまとめ>

①インスタや自撮り大好きな台湾人向けに「写真撮影スポット」が

 かなりたくさんあった。

②途中、洞窟の中で、カタワレ時の映像があったのだが、しょぼかった。

③流れていたRADWIMPSの曲を、口ずさみながら観ている人が多かった。

 (わたしが行った時は、日本人には一人も会わなかった)

④最後の映像がとてもよかった。(この世界がとても好きだと思う)

 おそらく、新国立美術館と同じ映像?

 わたしは観ていないのでわかりませんが。

⑤オーディオガイドなし(神木隆之介くんの声が聞きたかった〜)

 **************************************************

 

それでは、順をおってみていきましょう。

まず、新海誠監督のコメントと年表があります。

 

f:id:mmaarriiaa:20180115140844j:plain

一つ目は「ほしのこえ」から

f:id:mmaarriiaa:20180115140909j:plain

今時珍しいブラウン管が積み上げられています。ここの映像は撮影禁止。

f:id:mmaarriiaa:20180115140946j:plain

壁にセリフらしきものが。ここの他にも何箇所かありましたが、中国語なので、

わからず。それから、写真スポット第1弾!

f:id:mmaarriiaa:20180115141037j:plain

f:id:mmaarriiaa:20180115141057j:plain

f:id:mmaarriiaa:20180115141118j:plain

ちょうど、前の網目のスクリーンに、桜吹雪が動いて舞っていて、

立体的な写真が撮れるようになっていました。

f:id:mmaarriiaa:20180115141251j:plain

さて、次は2階に上がります。

f:id:mmaarriiaa:20180115141336j:plain

階段を登ると、芝生が!

星を追う子どもたち」です。

 

f:id:mmaarriiaa:20180115141512j:plain

f:id:mmaarriiaa:20180115141416j:plain

写真スポット第2だん!

みんな並んで撮影していました。一人でもスタッフの人が撮ってくれます。

f:id:mmaarriiaa:20180115141618j:plain

黒いカーテンを通って、次の部屋へ向かいます。

お次は「言の葉の庭

 

f:id:mmaarriiaa:20180115141801j:plain

写真撮影スポット第3弾!

かなり広くとってありました。

 

f:id:mmaarriiaa:20180115141826j:plain

スタッフの方がここも撮影してくれます。

iPadが備えつけたり、これで撮ってもらえるようでした。

行列だったので、わたしは諦めました。

f:id:mmaarriiaa:20180115141916j:plain

あるカップルが撮影している様子。

そして、お待ちかね!最後は、「君の名は。

そうそう、各場所でBGMがかかっており、それぞれの歌手の紹介もありましたよ。

山崎さん、秦基博さん、熊木杏里さん、そしてRADWIMPS

f:id:mmaarriiaa:20180115142031j:plain

この真ん中の文字は「まだ出会ったことのない君を、探している」です。

f:id:mmaarriiaa:20180115142107j:plain

画像が荒くて申し訳ないのですが、アクリル板の両側に、黒い文字が

貼り付けてありました。で、空調で揺れてしまわないように、白い

蚊帳のようなものでカバーされていました。

f:id:mmaarriiaa:20180115142203j:plain

冒頭シーンの絵コンテや、以前、期間限定で公開された

絵コンテに音楽を乗せたバージョンの映像も、流れていました。

(映像は撮影禁止)

 

わたしはこの冒頭部分が大好きなので、

(セリフも全部覚えてしまった)

この部分の絵コンテがみられて、かなり嬉しかったです。

f:id:mmaarriiaa:20180115142429j:plain

台湾では写真撮影OKでしたが、日本ではダメかな?

もしダメということなら、削除しますのでご一報ください。

冒頭部分の絵コンテ。

f:id:mmaarriiaa:20180115142511j:plain

f:id:mmaarriiaa:20180115142521j:plain

f:id:mmaarriiaa:20180115142535j:plain

f:id:mmaarriiaa:20180115142604j:plain

f:id:mmaarriiaa:20180115142657j:plain



 

f:id:mmaarriiaa:20180115142712j:plain

f:id:mmaarriiaa:20180115142827j:plain

f:id:mmaarriiaa:20180115142838j:plain

f:id:mmaarriiaa:20180115142849j:plain

f:id:mmaarriiaa:20180115142858j:plain

f:id:mmaarriiaa:20180115142907j:plain

以上です。画像はだいぶ荒いですね。

その他にも糸守高校全景や

f:id:mmaarriiaa:20180115143558j:plain

人物の設定など、とても楽しめました。

 

f:id:mmaarriiaa:20180115144023j:plain

f:id:mmaarriiaa:20180115143622j:plain

宮水三葉

f:id:mmaarriiaa:20180115143719j:plain

立花瀧

f:id:mmaarriiaa:20180115143751j:plain

着物姿で正座。いいですね。

f:id:mmaarriiaa:20180115143824j:plain

しっかりものの、四葉も好きなキャラクターです。

f:id:mmaarriiaa:20180115143902j:plain

一葉おばあちゃんも好きです。

f:id:mmaarriiaa:20180115144043j:plain

全員集合。背の高さ、こうなっていたんだなあ。

瀧くんの友達は背が高いですね。テッシーも高い。

 

驚いたのが、とても細かい設定。

f:id:mmaarriiaa:20180115144125j:plain

爪の色を塗るか、塗らないか、まで細かく指示があります。

f:id:mmaarriiaa:20180115144152j:plain

 

結(MUSUBI)キャプション

f:id:mmaarriiaa:20180115144212j:plain

 

f:id:mmaarriiaa:20180115144234j:plain


画像で長くなってしまったので、記事を分けますね。

No.2はこちら。

 

hidatakayama-maria.hatenadiary.jp

 

 

 

 

f:id:mmaarriiaa:20180115140648j:plain