台湾・彰化暮らし 2017

2016年6月:ルーマニア・シビウ(岐阜県高山市の姉妹都市)国際演劇祭ボランティア & 8月に開催されたブラジル・リオデジャネイロオリンピックでのボランティア記録として始めたブログ。2017年4月〜台湾。生活記録です。

台湾の銀行のATM

みなさん、日本のATMって、実はすごいんです。

なぜなら・・・・・

通帳とカードを一緒に入れられる!

そして、

通帳記帳が、お金の引き出しと同時にできる!

からです。

 

え?普通じゃんと思ったそこのあなた。

いいえ、海外では、出会ったことが未だありません!

 

2014年に滞在していたドイツでも、

引き出しはカードで。

記帳したかったら、「記帳機」で別に。

でした。例えば当時、Sparkasse(シュパーカッセ)の口座を

持っていましたが、それに至っては、通帳がなく、

毎回、記帳するたびに薄い紙が出て来て、それをホルダーにとじる、

というものでした。(ホルダーは口座開設の時に無料でいただいた)

今は変わっているかもしれませんが。

 

台湾の場合も、お金を引き出す時、確認するときは

キャッシュカードのみです。

後から、通帳記入します。

しかも、この機械、日本のもののように、自動で次のページに行ってくれないんです。

だから、最後までいったら、出て来てしまう。

それを自分で次のページを開いてから、また機械に入れるわけです。

一度、1ページ飛ばして入れてしまったときは、丸々1ページ

空いてしまったので、地味にショックでした。

 

f:id:mmaarriiaa:20180125133206p:plain

通帳を入れるところ。 本当に「記帳する」ことしかできません。