台湾・彰化暮らし 2017

2016年6月:ルーマニア・シビウ(岐阜県高山市の姉妹都市)国際演劇祭ボランティア & 8月に開催されたブラジル・リオデジャネイロオリンピックでのボランティア記録として始めたブログ。2017年4月〜台湾。生活記録です。

自助餐=セルフサービスの弁当屋さん

台湾には「自助餐」という看板を掲げたお店がたくさんありますが、これはセルフサービスの弁当屋、もとい食事どころです。つまり、目で見て自分の欲しいものを好きなだけ詰められるのが嬉しいポイントです。たくさん詰めても100元ちょっと。野菜がたくさん食べたい時、いろんな種類のお肉が食べたい時。ご飯もつけられますし、スープはたいてい無料です。甘いデザートスープ、甘草(かんぞう)のスープもあります。(砂糖たっぷりなので飲み過ぎ注意)

f:id:mmaarriiaa:20171212155106j:plain

例えばここの店で買った115元の弁当。店内で食べるつもりだったので、弁当箱ではなく、トレーを選択しました。

f:id:mmaarriiaa:20171212155201j:plain

種類が多ければ多いほど、高くなります。3種類だけの隣のおじさんは69元くらいの値段を言われていました。グラムで図っている模様。しかし、私もいろんな種類をとったので、結構高い。でも色とりどり、野菜不足、肉不足、自分じゃ作れないものを食べたいときに、ここに来るのはおすすめです。セルフサービスのお店は台湾全土にたくさんあって、自助餐の看板を探せば大丈夫。一人でも気軽に入れますし、試してみてください!