台湾・彰化暮らし 2017

2016年6月にルーマニア・シビウ(岐阜県高山市の姉妹都市)で開催される国際演劇祭ボランティアと、8月に開催されるリオデジャネイロオリンピックでのボランティア記録として始めたブログですが、2017年4月より台湾で暮らし始めましたので、旅のような流れに流れた私の摩訶不思議な生活記録にしようと思います。

[2017年5月8日まで]パフォス2017ボランティアプログラム

www.eu-japanfest.org

 

キプロスで行われる彫刻などを中心としたフェスティバルのプログラムです。

初めてのインターナショナルボランティアの募集だそうです。

実績のある日本のEUジャパンフェストを通しての募集なので安心できます。

ルーマニアのシビウ国際演劇祭は舞台芸術中心ですので、

こちらはちょっと違いますが、

(都市、街、地域、人)と(アート)との関わりという点では同じです。

 

以下ホームページよりコピペ(一部)

 

‘Park of Myths and Sculpture Pafos2017’ volunteering programme
-‘神話と彫刻の公園 パフォス2017’ボランティアプログラム-

今年の欧州文化首都パフォス2017(キプロス)では、9月9日~24日に、「神話と彫刻の公園プロジェクト」が開催されます。これは、欧州文化首都の一環として、パフォスに伝わる神話と歴史をテーマに、パフォス市の屋外に彫刻の公園を作り上げるプロジェクト。パフォス2017を契機として、今後数年をかけて街を彫刻作品で彩り、豊かな風景へと変化させていくことを目的として、毎年継続的に開催される予定です。今回、パフォス2017では、この彫刻プロジェクトを共に作りあげる、熱意あるボランティアを下記の通り募集しています。現地の家庭に滞在し、地元ボランティアとともに制作アーティストのサポートを行うことで、欧州文化首都パフォスの取り組みやキプロスについて理解を深める絶好の機会。たくさんのご応募お待ちしております!

 

招聘者(主催者)欧州文化首都パフォス2017 

派遣期間:2017年9月15日~9月25日(10日間)

募集人数:5名

応募資格
①彫刻・造形芸術、アートを通した街づくり等に強い関心を持つ方
②20歳以上の方(渡航日現在)
③英語会話能力またはギリシャ語会話能力のある方
渡航日現在日本在住であり、選考手続き、プログラムの全日程に参加が可能な方
⑤現地での生活に適応でき、また、活動を完遂できる健康状態を有する方

参加条件:参加後のレポート提出
※プログラム終了後1か月以内に、現地での体験をまとめたエッセイと、活動写真の提出を行っていただきます。詳細は決定後にお知らせいたします。

支援内容
①日本~キプロス間の往復航空運賃(1人当たり15万円)
キプロス国内の移動・パフォスの宿泊  (ホームステイ)