台湾・彰化暮らし 2017

2016年6月:ルーマニア・シビウ(岐阜県高山市の姉妹都市)国際演劇祭ボランティア & 8月に開催されたブラジル・リオデジャネイロオリンピックでのボランティア記録として始めたブログ。2017年4月〜台湾。生活記録です。

トトロ愛に溢れてた。プラハのJapanese Cafe 「モモイチ喫茶店」

f:id:mmaarriiaa:20180120134159j:plain

この日はお目当の抹茶ケーキが売り切れだったので、かぼちゃケーキをチョイス。

 

f:id:mmaarriiaa:20180120134256j:plain

抹茶ラテは手のひら大のカップに淹れられてきました。とにかくデカイ。口が広いので冷めるのも早い・・・

f:id:mmaarriiaa:20180120134405j:plain

店内で一番主張している、トトロの看板。等身大。

f:id:mmaarriiaa:20180120134448j:plain

お皿も素敵でした。かぼちゃケーキ。


正式名称は「モモイチ喫茶店」ですが、「モモイチ」で親しまれているのでしょう。

私たちは夜に訪れたので、すでにライトがピンクやグリーンでしたが、

昼にくると、とても暖かい雰囲気だそうです。(妹情報)

 

日本語ページによる解説を見つけました。

まずは読んで見てください。

モモイチでは、本格コーヒーへの愛着を日本文化と結びつけた。 店の内装の瞑想的な雰囲気や、メニューを見るとそのことが見てとれる。モモイチでは、コーヒーもお茶も、通常の淹れ方のほか、ユニークなスチームポンプも用いる。 エスプレッソや日本式の濃厚なドリップコーヒーを、ポットで注文することもできる。空調のきいた店内、味わい深い料理、充実したサービス、本格コーヒーの独特な味をプラハで。

 

うん、なんだか変ですね。

文法的に、間違ってはいないのだけれど、

「愛着」「瞑想的」などの言葉の選択に違和感を感じるのかなと思います。

 

私なりに紹介文を書きます。

 

モモイチでは、本格的なコーヒーと日本的な雰囲気を楽しむことができます。

天井から均等に配置された、ちょうちん型の照明が独特でありながら、

昼と夜とでは、その雰囲気を全く違うものにしてくれます。

昼は自然光がふんだんに降り注ぎ、あたたかい空間を。

また、夜には少し怪しげな配色の光で、バーのような雰囲気を醸し出しています。

メニューを見ると、「GYOKURO SHOT(玉露ショット)」など、

まず日本ではお目にかかれないような、ユニークな名前が並んでいます。

コーヒーやお茶の種類が豊富だが、通常の淹れ方の他にも、

スチームポンプを用いたものも提供している。

おなじみのエスプレッソから、日本式のドリップコーヒーまで、

様々な種類のドリンクを提供しており、ポットで注文することもできます。

また、料理やスイーツも充実していて、抹茶のチーズケーキは、一番人気です。

 

店内には、トトロのぬいぐるみやポスター、等身大のバス停看板などが

置いてあり、オーナーのトトロ愛を感じます。

天井がとても高く、開放感があります。

ちょうちん型ライトの使い方も、斬新だと思いました。

 

また、スタッフの黒いエプロンに、大きく「愛」とかかれているため、

親切な青年スタッフがくるたびに、笑ってしまいまいした。

 

特に日本好き、というわけでなくても気軽に訪れて見てはいかがでしょうか。

 

f:id:mmaarriiaa:20180123124246j:plain

提灯の色は写真では赤色ですが、ピンクや緑に変幻していました。

f:id:mmaarriiaa:20180123124348j:plain

奥の角の席からカウンターを眺めた様子。

f:id:mmaarriiaa:20180123124534j:plain

メニュー。ぜひ「玉露ショット(GYOKURO SHOT)」を探してみてください。

f:id:mmaarriiaa:20180123124658j:plain

妹のは「ハート形」でした。



 

*個人的には、あの大きなトトロの看板はない方がいいと思います。

 店内の調和を乱しているような・・・・・。

 

開館時間

Contacts

モモイチ (Momoichi Coffetearia)

Římská 35

120 00 Praha 2

+420 721 364 002

http://www.momoichi.cz

lukas.kubin@momoichi.cz

Facebookでフォローする

 

引用:モモイチ (Momoichi Coffetearia) - Prague.eu