台湾・彰化暮らし 2017

2016年6月にルーマニア・シビウ(岐阜県高山市の姉妹都市)で開催される国際演劇祭ボランティアと、8月に開催されるリオデジャネイロオリンピックでのボランティア記録として始めたブログですが、2017年4月より台湾で暮らし始めましたので、旅のような流れに流れた私の摩訶不思議な生活記録にしようと思います。

台北アリーナ(台北小巨蛋) の様子 2017年6月(動画あり)


台北アリーナ 台北小巨蛋

 

平日行ったことがないので、込み具合はわかりませんが、

土曜日に行ったかんじですと、けっこう込み合っています。でも

東京よりはましかな?

平日基本料金は200元。週末は220元です。

悲しいのは2時間制限であること。

その後は30分超過するたびに、45元かかります。

個人レッスンの料金もですが、日本よりちょっと割高ですね〜。

 

グループレッスンのことなど、色々わかってきたので、別記事で

触れますね。

 

しかし、本気の選手達もたくさんおり、男の子も数人。

あらゆる世代の人が滑っています。

大人スケートもわりといらっしゃる。

アニメのユーリオンアイスファンの子かな?ロシアユニフォームの女の子たちも。

アイスホッケー組もいるし、フリースタイルもいるし。

正直、あの急ブレーキを真後ろでやられると、ビビるので

辞めてほしいのですが・・・・苦笑。

フリースタイル系の人はイーグルしたり、全体的にパワフルで予測がつかない

動きをするから困るのです。フィギュアの人はある程度、ジャンプの軌道とか、

予測できるからよけられるのですが・・・。

ま。とにかく楽しいですよ!

 

f:id:mmaarriiaa:20170828114430j:plain

こちらの写真は8月26日のもの。混んでますね〜

 

サポーターの貸し出し(膝、肘など、1カ所につき20元)もあります。

レストランの食事券みたいなのが付いている限定券は、370元でした。

日曜日にしかデスクを出していので、週末限定なのでしょう。

 

サポーター類がなくていい人は、書類にサインが必要です。手にスタンプも。

もちろん手袋必須ですが、わすれても、50元で購入できます。

わたしは持ってきていることを忘れて買いましたが、

よく伸びるし、素材はお気に入りの手袋です。買って良かった!

追記;台北アリーナ限定のキャラつき手袋があるようです。

値段は不明。ぱっとみ、仙台の手袋に似ています。

羽生選手人気で作ったのかな〜なんて。真相はわかりませんが。

 

*追記;2017年8月28日