台湾・彰化暮らし 2017

2016年6月:ルーマニア・シビウ(岐阜県高山市の姉妹都市)国際演劇祭ボランティア & 8月に開催されたブラジル・リオデジャネイロオリンピックでのボランティア記録として始めたブログ。2017年4月〜台湾。生活記録です。

彰化最大の夜市「精誠夜市」(Jingcheng Night Market)へ行ってきましたよ!

大晦日の前の晩、12月30日に彰化最大の夜市「精誠夜市」へ行ってきたのでレポートします!

 

久しぶりの、彰化関連記事です。

 

こちらは駅からちょっと離れているので、

タクシーで行くといいですね。

わたしは台湾人の学生たちにオートバイの後ろに乗っけてもらいました。

駅からタクシーで行っても、だいたい片道100元(約400円くらい)ですむと

思います。わたしのうちから駅までが100元だったので!

 

この夜市、なぜ、「精誠夜市」(Jingcheng Night Market)

という名前なのかというと、

精誠中学・高等学校のとなりの大きな敷地にあるからなんです。

一度、なにもやっていない時にここを通ったことがあるのですが、

見た目は車が一台も止まっていない、駐車場でした。

 

ちなみに、この精誠中学・高等学校は、台湾で大ヒットした映画

「あの頃、君を追いかけた(原題:那些年)」

のロケ地でもあるのです!!!!

台湾地震の起きた頃の青春時代に台湾人の多くが、涙したと言われています。

日本でも公開されましたし、DVDも出ています。

このブログの元になった作者の出身地が「彰化」なので、

映画のロケ地巡りをしても面白いと思いますよ!

 

あの頃、君を追いかけた[DVD]

あの頃、君を追いかけた[DVD]

 

 

サウンドトラックもあります。

ちなみに、このエンディングで 流れる胡夏が歌う「那些年」がまた

センチメンタルで良いのです。Youtubeでもありますから、

ぜひ聞いてみてください。

あの頃、君を追いかけた(那些年,我們一起追的女孩) 台湾映画OST (韓国版)

あの頃、君を追いかけた(那些年,我們一起追的女孩) 台湾映画OST (韓国版)

 

 さてさて、肝心の夜市なのですが、

カメラも携帯電話も家に置いてくる!という失態を犯し・・・写真が一枚もありません。すみません!

文字で書いていきます。余力があれば、イラストをあとで載せませすね。

まず、驚くのが、食べ物だけでなく、

服から電気製品、ゲームなどなど色々売っていることです。

イメージとしては、日本のお祭りの屋台と、ドイツの移動遊園地、

ゲームセンターが混ざった感じです。

ゴーカートまでありました。なんだこれ笑

 

わたしはまず、麻雀のコマの絵柄を合わせて行くゲームに挑戦。

裏返しにした駒を15個選び、ビンゴになったら景品がもらえるという

シンプルなルール。

しかし、それでも最初はルールがわからず、学生となんやかんや話していたら、

一人の青年が話しかけてくれました。

なんとその彼女が日本人で、ルールをすんなり把握できました。

 

うっかり名前を聞きそびれてしまったのですが、

彼女はワーホリで員林(ユエンリン、彰化の一駅となりの街)に彼氏と住んでおり、

朝ごはん屋さんを一緒にやっているそうです!

ぜひ行ってみたい!

けれど、店名も聞きそびれ・・・。

なんとか探し出して、滞在中に行きたいです。

 

さて、ゲームですが、わたしは5回ほどリーチになったものの、

ビンゴまでは行き着かず。

リーチになると、さらに5つのコマをとって、そこで

ビンゴになれば、もう1回無料でゲームができるという仕組みでした。

5回ほどリーチになったうち、3回くらいビンゴになったので、

わたしは3回無料でゲームができました。

となりの学生は一度もリーチにもならず、わたしだけ

延々、ゲームしていたのでちょっと悪かったかな?

簡単ですが、結構夢中になってしまいました。

 

それから、ぶらぶら。

まず、飲み物を買いました。

「紅豆沙牛奶」(「小豆あずき牛乳」です。)

「沙」はシェイクという意味だそうです。

氷が入ってしゃりしゃりしていました。でもちょっと肌寒かったので

冷えました。一緒に行った女の子は、「西瓜牛乳」を頼んでいたのですが、

店の人に「西瓜は体を冷やすからだめ!バナナにしなさい!」

と言われて、結局バナナ牛乳を買っていました。

台湾では「女の子は体を冷やしちゃいけない!」という人が多く、

店のひとがお節介にも、アドバイスしてくれます。

コンビニでも、冷えていない飲料を別に置いているところも多く、

体を冷やす食材と、そうでない食材を、若い子でも把握している人が

多い印象です。

 

そのあと、

ピアスやアクセサリーを売っているのを眺めたり

(目玉焼きのピアスが気になりましたが、made in koreaだったのと、

ちょっと高いかな?と思って諦めました。250元だったから、日本では普通ですね)

 

たこ焼き(日本のとは違います。かなり油で揚げてあるので、油揚げボール

みたいな感じ。ワサビが入ったものを勧められて食べました。

ツーンときましたが、お美味しかったです!)

 

臭豆腐(チョウドウフ)

おなじみ、臭いですが美味しい揚げ豆腐!

台湾人は「ここのは普通です」と言っていましたが、

前に食べたところよりも美味しく感じました。

皮がいかに「サクサク」であるか!がポイントみたいです。

 

地瓜球(お芋の揚げボール)

これを初めて見た時は、日本語訳が思いつかず、

「日本にはありません!」と断言してしまいましたが・・・・

帰って検索してみると、「お芋の揚げボール」として

なんとクックパッドにもレシピが載っていました!

検索結果:

地瓜球 - Google 検索

例えばこれ。

cookpad.com

結構パクパクいけちゃうサイズとお味でした。

「サツマイモボール」として紹介しているページも見つけました。

tw-cai.blogspot.tw

1年近く、台湾にいるのに、やはり夜市などに来ないと知らない食べ物はたくさん

ありますね。こういうスナック系のお菓子や油で揚げた食べ物が多いので、

わたしの好みに合わないことも多いのですが、おやつ感覚で食べられるので、

これは好きな部類でした。

 

ステーキの屋台もあって、

外に出ている簡易テーブルで、みんながちゃんとしたステーキプレートの

牛肉ステーキを食べている様子はなかなか面白かったです。

店で食べるより、夜市の方が安いので、

ステーキ目的で夜市へ来る人もいるようです。

台湾人は牛肉が好きな人が多い気がします。

ちなみに牛肉ステーキは「牛排」です。

 

そうそう、輪投げもやりました。

輪っかがかかると、その場で景品がもらえます。

わたしは偶然にも犬のキーホルダーにかかって、もらいました。

ビールやワイン、ドリンク類からぬいぐるみまで色々ありました。

くまモンを狙ったのですが、難しかったです。

 

ゲームセンターにあるような、

クレーンゲームもありました。

台湾人によると、夜市などにあるクレーンゲームは

クレーンの力が弱くて、まず取れないと言っていました。

商売ですからねぇ。

 

セリが行われているブースもありました。

商品が並べられて、

集まった人が番号を書いて・・・・

オークションなのか、どうなのかはっきりわかりませんでしたが、

見た感じはそうでした。

 

 

私たちは19:30ころ行きましたが、すでにすごい賑わいでした。

21:30ころ、帰途につきましたが、まだまだ人は増えそうな勢いでした。

子供連れの家族もたくさんいました。

深夜の1時までやっているので、

存分に楽しめます。

台湾人は宵っ張りだなあと改めて感じました。

しかし、大人も子供に戻って、ゴーカートやらゲームで楽しんでいる

のをみて、夜市はみんなが子供に戻れる場所なのかな、とも思いました。

 

皆さんも彰化に来た際には、ぜひ行ってみてください!

 

 

 

精誠夜市:Impression

住所:彰化縣彰化市林森路精誠路200號(精誠中學となり)

営業時間:毎週、水曜日、金曜日、土曜日の18:00から深夜1:00まで

 

 

戦利品:輪投げがうまくかかった「犬のキーホルダー」です。

f:id:mmaarriiaa:20180118110616j:plain

入れ物は貯金箱になっています。

f:id:mmaarriiaa:20180118110719j:plain

 

表情と後ろ姿。

 

f:id:mmaarriiaa:20180118110744j:plain