台湾・彰化暮らし 2017

2016年6月:ルーマニア・シビウ(岐阜県高山市の姉妹都市)国際演劇祭ボランティア & 8月に開催されたブラジル・リオデジャネイロオリンピックでのボランティア記録として始めたブログ。2017年4月〜台湾。生活記録です。

「花在彰化」@渓州公園のイルミネーション(2018/3/3まで)

金曜日の夜。

「元宵節」ということで、夜だけ半日休日でした。

そこで誘われて、彰化県内にある、渓州公園で開催されている

「花在彰化」へ行きました。

入場料は無料。中で夜市みたいに屋台が出ていたので、

飲み食いしましたが、田舎だという事もあり

街中より安めの設定。

飲み物:30元など・・・・

晴れていたので、ちょうど夕焼けの頃が一番美しく感じました。

こうしたイルミネーションを見にくるのは、多分10年ぶり以上ではないかな。

特にただイルミネーションをみる、という行為に興味関心がなかったため、

久しぶりです。私自身は自分が動くことが好きなので、ただ見るのは

性に合わないのです。しかしながら、日本とは違って、

実に雑多で笑。色々詰め込むのが好きな?台湾らしい感じでした。

 

まずは園内案内図。

f:id:mmaarriiaa:20180304052625j:plain

3区域に分かれていて、非常に広かったので全部は見ていません。

f:id:mmaarriiaa:20180304052730j:plain

f:id:mmaarriiaa:20180304052754j:plain

f:id:mmaarriiaa:20180304052815j:plain

相変わらず、市長が主張している。不思議かな。台湾は市長のイラストや写真が必ずと言っていいほど、大きくあしらわれているのです。日本だったら、まず普通の写真と「ごあいさつ」が載っていそうなものだが・・・・。

今まで見た中だと、街中の看板をはじめ、パンフレット、うちわにまでも!

f:id:mmaarriiaa:20180304052933j:plain

f:id:mmaarriiaa:20180304053036j:plain

f:id:mmaarriiaa:20180304053112j:plain