台湾・彰化暮らし 2017

2016年6月:ルーマニア・シビウ(岐阜県高山市の姉妹都市)国際演劇祭ボランティア & 8月に開催されたブラジル・リオデジャネイロオリンピックでのボランティア記録として始めたブログ。2017年4月〜台湾。生活記録です。

野菜食べ放題の鍋屋「不時不食」

f:id:mmaarriiaa:20180225144509j:plain

お店の外観です。24時までやっているそう。

しかし、19時に予約している人が多かったので、

みんな一気に食べ始める。当然、取り放題の野菜のところは激混みでした。

f:id:mmaarriiaa:20180225144532j:plain

テーブルの前に、一人一つ、コンロがあります。

このタイプの鍋は初めてだったので驚き!

一つの鍋に、いろんなハシが入るのが許せない人には、嬉しい方式かもしれません。

席について、まず頼むものを決めます。ダシになるスープを選び、

肉を選びます。私は日式昆布に豚肉をチョイス。羊肉や牛肉、鶏肉もあります。

 

f:id:mmaarriiaa:20180225144926j:plain

運ばれてきました。だしは後から足し放題です。

f:id:mmaarriiaa:20180225144555j:plain

野菜ブースの様子。ここで、野菜、麺、たれなどを取って来ます。

f:id:mmaarriiaa:20180225144947j:plain

「サーチャー」初挑戦!醤油に合います。

自分で好きなようにブレンドができます。

日式醤油、素醤油、ねぎ、にんにく、男根おろし、マーラー(辛いやつ)、

サーチャー、酢がありました。

f:id:mmaarriiaa:20180225145028j:plain

皿が小さい上に、春菊などは全くきってないので、すぐいっぱいになってしまう。

日本だったら、もう少し細かくきってあると思いますが、台湾なので、

そのまんまです。春菊、レタス、ミニコーン、さつまいも、とうもろこし、

セロリみたいな見た目だけれど違うもの(名前不明)、エリンギ、しいたけ、

白くて細長いきのこ、しめじ、水菜、さつまいものつる菜、などがありました。

f:id:mmaarriiaa:20180225144632j:plain

麺は二種類。乾麺とうどん。シメに!

そうそう、ご飯は頼めば、一人1杯ついてきます。

 

 最後にデザートをいただきました。

真ん中の器には、あずきと紫米。

白いシロップはココナッツです。どろっとしていました。

あずきとココナッツの組み合わせは初めてでしたが、美味しかったです。

また、紫米を使うのも新鮮でした。

f:id:mmaarriiaa:20180225145119j:plain こうして、みんなで食べる一人鍋、終了!

一人当たり、350元くらいでした。

松坂牛などもあり、そういった特上級のお肉は400以上しました。

たまに食べに来るのもいいですね。食べ過ぎて、少し気持ち悪くなりました。

 

この後、精誠夜市が近く にあったので、そこへ向かいました。

次の記事をご覧ください!

 

hidatakayama-maria.hatenadiary.jp